スポンサーリンク

50代で資格なしで簡単に転職できるコールセンターがいい理由3選

50歳になって資格がなくても簡単に転職できるコールセンターを進める理由3選 コールセンター

コールセンターで5年間働いていたまさ@50です(@fausta_life50)

このコロナ過の中で仕事がなくなったりカットなどされて収入がへり転職や副業を考えている方もおおいとおもいます

また仕事を探す際に職歴や年齢がネックになることもおおいとおもいます

コールセンターの仕事は性別、年齢、前職など関係なく働くことがかのうです

また本業としても副業としてもコールセンターの仕事がいい理由をお伝えします

この記事を読むと

  • 未経験だけど正社員を目指したい
  • 副業として収入を増やしたい
  • 自由に働きたい

方の参考になります

スポンサーリンク

私の実体験

前職を辞めた結果

まず私の実体験からお話したいとおもいます

44歳の時に15年間働いていた不動産会社を退職し独立し晴れて不動産会社を経営する一国一城の主になることになりました

しかし紆余曲折を得て約1年で廃業することに、、、

これには本当にいろいろあるんですけどとにかくいろいろな清算手続きなどを得て1,2か月はなにも収入がない状態

雇用保険の失業手当などの申請も頭になくあっというまに時間だけがすぎさっていきました

約2か月ほど過ぎたときにさてこれからどうするかと考えたときにまた不動産の仕事なら簡単に復職できると考えていました

前職では管理職で年収も600万円ほどありましたし管理職でないにしても元々営業で成り上がっていたのでどこでも働けるだろうぐらいの軽い認識でした

しかしそこからさらに約2か月間の間合計13社への応募をするも面接までたどりついたのが2社のみ

その2社も断られそこで初めて自分の今の状況に気づきました

まもなく46歳、、、

自分のふがいなさを感じつつ次の道を考えます

そうだ派遣会社に登録してみようとおもい登録をしました

私はもともと不動産業の前にも飲食業や旅行業など様々な業種を経験しておりそれぞれそこそこの実績を残していたのでなにかしらあるだろうと藁にもすがる思いで派遣会社への登録をしました

派遣会社に登録

私が人生で初めて登録した派遣会社は「株式会社オープンループパートナーズ」でした

あまり意味はなく検索上位にでてくる会社なら問題ないだろうという判断です

また支店も居住地に近かったこともあります

登録をして仕事の適性をしるために打ち合わせをしたいということで最寄りの支店へ

簡単なヒアリングのあとに「タイピングのテスト」を受けてもらいますとのこと

まぁ今どきかとおもいながら簡単なタイピングテストを受けました

結果は

最初から正社員難しいんですがコールセンターの仕事はいかがですかというものでした

???という感じでしたが話を聞くと納得

しかしこの時点で気になっていたのは実際の仕事内容と給料

そこで背に腹は変えられないので仕事をしてみることに

しかし数年働くと

スポンサーリンク

1.コールセンターの仕事内容

まずコールセンターとはお客様後の電話対応を専門に行う部署になります

また大きく分けて、お客様からの電話を受ける(インバウンド)とお客様へ電話をかける(アウトバウンド)があります

インバウンドは主にお客様からのお問い合わせや商品の注文を受けたりクレーム対応など多岐にわたります

アウトバウンドはクレジットカードなどの料金未納者への督促電話や企業のサービスの営業電話(獲得)、あと世論調査などもアウトバウンドの仕事になります

また働く企業によって電話対応の内容がかなり変わるので注意したいところです

例えば金融系であれば督促などのアウトバウンドが多く求められますし通販などであれば注文受付などが求められます

  • 金融系 インバウンド 少 アウトバウンド 多
  • 通販系 インバウンド 多 アウトバウンド 少
  • 企業系 インバウンド 多 アウトバウンド 多

企業系は会社によって偏りがありますが比較的どちらの業務もおこなっている会社が多いです

インバウンドで入ったのにアウトバウンドの仕事も任される(逆もあり)なんてこともあるのでどちらかが苦手な方は注意が必要です

ただどこの会社も初心者や未経験者が働けるようにきちんと事前研修やマニュアルの整備がされており安心です

もちろん基本的に会話ができて多少のパソコン操作ができれば性別、年齢に制約がないことも魅力の一つでしょう

また経験を積むと受発信以外の仕事を任されるケースもあります

具体的には発信業務に関わる事務作業やリスト管理などほかにもオペレーターの直接の上司にあたるSVと呼ばれる人たちとの間に入り新人への教育業務やSVの補助的な仕事を任されることも!

それでは気になる実際の収入はどうでしょうか?

次でみていきましょう。

時間に縛られない在宅バイト「コールシェア」

2.コールセンターでの収入

上記でもお話したように一口にコールセンターといっても色々な職種(企業)があるので収入も結構幅があります

基本的には時給で働く場合が多いためここでは仕事内容と時給について解説していきます

結論からいううとインバウンドの場合はより専門的な知識を要する職種が高く関東圏では1,400円~その他の地域では1,200円~程度になりますが一部の職種ではこれより高いこともざらにあります

時給1,400円で一日8時間勤務で月20日稼働で224,000円になるので生活はできますよね

単純な案内業務や知識などあまり必要ない場合は少し安い傾向があります

アウトバウンドの場合はインバウンドより高めに設定されている会社もあれば獲得した数字(売上)などによってインセンティブが数千円~数十万円までつくこともありガツガツ稼ぎたいかに向いていると思います

専門知識 少→専門知識 多

時給   低→ 時給  多

3.コールセンターで働くメリット

たくさんのメリットがありますがなんといってもお伝えしたいのが求人の多さと働き方の2つでしょう

業種に関しては

  • 商品注文受付
  • 予約受付
  • サポート対応
  • アンケート調査
  • クレーム対応
  • テレアポ
  • 顧客獲得
  • 顧客満足度調査
  • 商品案内
  • 世論調査etc…

など多岐にわたり短期のものから長期のものまでありますが比較的短期の仕事のほうが時給が高めの設定が多いようです。これを狙って短期の仕事を渡り歩く猛者も存在します

企業が直接応募している場合も多いですがおすすめは派遣会社に登録すると好みや適性をヒアリングしてあなたにあった企業の紹介が受けられますし合わなかった場合に職場を変更することも比較的簡単です

あとは例え派遣登録で働いていた場合でもその企業から直接あなたに直雇用の誘いの可能性もあり時給アップや正社員への道もあり安定を求める方にも向いていると思います

勤務態度や勤怠など問題なければ比較的簡単にあるコールセンターあるあるです

もう一つは働き方です

基本的に3つの働き方が選べます

  • フルタイム労働
  • ダブルワーク
  • 隙間時間労働

順番にみていきましょう

フルタイム労働

アルバイトや派遣社員でも働くことが可能です

コールセンターは24時間稼働しているところも多くシフトインできないことは少なく安定して業務があるので稼げるでしょう

ダブルワーク


シフトの調整が簡単で一日数時間、週2日など働き方が多彩なので学生のアルバイトや他の仕事がメインなら副業としても働けます

特にフリーランスの方や収入が減って収入を補いたい方にはシフト調整が比較的コールセンターは向いていると思います

隙間時間労働

普段の生活の中での隙間時間を活用して収入が得られます。主婦の方が週に数日、数時間だけ働き家計の足しに働くケースや一定の時期や短期間だけで収入が欲しい方にも向いています。ただこれは先に派遣会社への登録や勤務実績のある会社がある場合になります

コールセンターという選択肢

コールセンターのはじめての仕事探し(派遣会社)から仕事の内容と働き方のまとめ

まとめ

世の中にはいろいろな職種や仕事がありますがやはり年齢と共にできる仕事は限られてくると思います


もちろん経験のある仕事や好きな仕事ができれば幸せですがそれができずに転職や仕事探しをしている方にコールセンターという選択肢があることをお伝えさせていただきました

最後までありがとうございました。

ポチっとしてくれると嬉しいです!