スポンサーリンク

自宅でのホワイトニングは効果がない!?通院型との違い!メリット・デメリット

自宅でのホワイトニングは効果がない!?通院型との違い! メリット・デメリット レビュー
記事内に広告が含まれています。

こんにちは まさ@50です(@fausta_life50)

年齢をかさねてくると意外と気になるのが歯のきばみですよね?

日ごろからコーヒーや喫煙をしているかたは特にきになっているのではないでしょうか?

最近は電子タバコを利用している方も多いと思いますがそれでも気になる方はきになりますし最近はマスクを外すことも多くなり対面で会話をするときになんだか卑屈になったりしてしまいます。

そんなときに検討するのが「歯のホワイトニング」ではないでしょうか。

でも、一口に「歯のホワイトニング」といっても色々ありすぎてよくわからないし、クリニックに通った方がいいのかまたは自宅で自分でできるのかといった悩みを持っている方の声を聴きます。

この記事では特に自宅で「歯のホワイトニング」を考えている方向けに

この記事のポイント
  • 自宅でのホワイトニングは効果がない!?
  • 通院型との違い!メリット・デメリット
  • 最初は自宅ホワイトニングがいい!?

が知りたい方の参考になります。

スポンサーリンク

はじめに

歯のホワイトニングの基本的な説明

ホワイトニングは、歯の表面や内部の着色を除去または軽減し、歯を白く見せるための処理です。

ホワイトニングの主な方法

方法説明期間コスト効果の持続性
ホームホワイトニング自宅で行うホワイトニング。専用のキットを使用し、数週間かけて施術。数週間低~中中程度
オフィスホワイトニング歯科医院で行うホワイトニング。高濃度の漂白剤を用いて短時間で施術。1~2時間
オーバーザカウンター製品ドラッグストア等で購入できる一般的なホワイトニング製品。用品による低~中
ナチュラルホワイトニング重曹やココナッツオイルなど自然素材を使用したホワイトニング方法。継続的に最低

ホワイトニングのメカニズム

ホワイトニングのプロセスは主に二つのメカニズムに分けられます。

  1. 物理的な除去:
    • 歯の表面に付着したステイン(着色汚れ)を物理的に削り取る方法です。
    • 一般的な歯磨き粉に含まれる研磨剤による効果もここに含まれます。
  2. 化学的な漂白:
    • 過酸化水素や過酸化尿素などの化学物質を使用して、歯の色素を分解し、歯を白くする方法です。
    • オフィスホワイトニングやホームホワイトニングキットでよく用いられます。

効果的なホワイトニングのためのポイント

  • 歯科医の診断を受ける: 歯の健康状態を確認し、適切な方法を選択するためには、歯科医の診断が重要です。
  • 製品の正しい選択: 自分のニーズに合ったホワイトニング製品を選ぶことが、効果を最大限に引き出す鍵です。
  • 継続的なケア: ホワイトニング後も、日々のケアが重要です。定期的な歯磨きと定期検診を忘れずに。

ホワイトニングは、見た目の美しさだけでなく、口内環境の改善にもつながります。ただし、方法によっては歯にダメージを与えるリスクもありますので、安全性を考慮した上で行うことが重要です。

スポンサーリンク

第1章: 自宅でのホワイトニング

1. 自宅ホワイトニングの方法

ホームホワイトニングキットは、自宅で簡単に歯を白くするための便利な方法です。ここでは、主要なホームホワイトニングキットの種類(ストリップ、ジェル、LEDライト付きキット)について、その特徴、使用方法、および効果を説明します。

ホームホワイトニングキットの種類と特徴

種類特徴使用方法期待できる効果
ストリップ薄いプラスチックのストリップにホワイトニング成分が塗布されている。歯に直接貼り付け、指定された時間(通常30分)放置後に剥がす。歯表面の着色を取り除く。使用期間により効果が現れる。
ジェル過酸化物質を含むジェルで、歯を白くする。専用のトレイやブラシを使用して歯に塗布し、数時間放置。深い着色もある程度改善可能。連続使用でより白くなる。
LEDライトキットLEDライトを使用してホワイトニング効果を高める。ジェルを塗布後、LEDライトを使って照射。照射時間はキットによる。効果が早く現れ、より白い歯を期待できる。

使用上の注意点

  • 敏感な歯や歯肉の問題がある場合は使用前に歯科医師に相談することが重要です。
  • 過剰に使用すると歯のエナメル質が損傷する可能性があるため、製品の指示に従って使用してください。
  • 使用後は歯を水でよくすすぎ、歯ブラシで優しく磨くことで残留するホワイトニング成分を除去します。

効果の持続性について

ホームホワイトニングキットの効果は、使用する製品の種類や個人の歯の状態によって異なります。

通常、適切に使用した場合、数ヶ月から半年持続することが一般的です。持続性を高めるためには、定期的なケアとタバコやコーヒーなどの着色の原因となる飲食物の摂取を控えることが効果的です。

ホームホワイトニングは手軽で経済的な選択肢ですが、最適な方法を選ぶには自分の生活スタイルやニーズを考慮することが重要です。また、最終的な選択をする前には専門家のアドバイスを求めることをお勧めします。

市販のホワイトニング歯磨き粉

市販されているホワイトニング歯磨き粉は、手軽に始められる歯の美白ケア製品として非常に人気があります。この歯磨き粉は、日常のブラッシングに取り入れるだけで、歯の表面の汚れや黄ばみを取り除き、見た目を明るくする効果が期待できます。

以下に、市販のホワイトニング歯磨き粉についての特徴、効果、使用方法、および注意点をわかりやすく説明します。

市販のホワイトニング歯磨き粉の特徴

市販のホワイトニング歯磨き粉には、主に次のような特徴があります。

  • 研磨剤を含むもの: 歯の表面のステイン(着色汚れ)を物理的に削り取ることでホワイトニング効果を発揮します。
  • 化学的漂白剤を含むもの: 過酸化水素や過酸化尿素などの漂白剤を含み、化学的に歯の色素を分解します。
  • 天然成分を利用したもの: パパイヤ(パパイン酵素)やベーキングソーダ(重曹)など、自然由来の成分を用いて優しくホワイトニングします。

効果

市販のホワイトニング歯磨き粉の効果は製品によって異なりますが、一般的には以下のような効果があります。

  • 歯の表面の汚れ除去: 日々の食事や飲み物でついた軽度のステインを除去します。
  • 色の改善: 継続的な使用により、歯の色が少し明るくなることが期待できます。
  • 口臭の予防: 清潔な口内環境を保つことで、口臭の予防にも効果があります。

使用方法

  • 毎日のブラッシング: 通常の歯磨きと同様に、少量の歯磨き粉を歯ブラシに取り、1日2回、朝晩のブラッシングを推奨します。
  • 適切なブラッシング時間: 歯磨きは2分間程度が理想的です。研磨剤含有タイプは強く磨き過ぎないよう注意が必要です。

注意点

  • 過剰な期待を避ける: 市販の歯磨き粉は、重度の変色や内部からの変色には対応できません。
  • 敏感な歯には注意: 研磨剤や化学成分が含まれる製品は、敏感な歯や歯肉には刺激を与えることがあります。使用に際して不快感がある場合は使用を中止し、専門家に相談してください。

市販のホワイトニング歯磨き粉は、簡単かつ経済的に歯の美白を試みたいと考える多くの人々にとって有効な選択肢です。

ただし、その効果は限定的であり、プロのホワイトニング治療に比べると劣る場合があります。正しい期待を持ちつつ、日常のケアに取り入れることが推奨されます。

自宅でのホワイトニング:メリット

低コスト

自宅でのホワイトニングが持つ最大のメリットの一つは、その低コスト性です。

歯科医院で行うプロフェッショナルなホワイトニングに比べて、自宅で使用するホワイトニングキットははるかに経済的です。

市販のホワイトニング製品は、初期投資も少なく、繰り返し使えるものも多いため、長期的に見てもコストパフォーマンスに優れています。

これにより、多くの人が手軽に歯の美白を試みることが可能となり、美容への投資を抑えながら自分のペースでケアを進められます。

時間と場所を選ばない利便性

自宅でのホワイトニングのもう一つの大きなメリットは、時間と場所を選ばない利便性です。

歯科医院でのホワイトニングでは予約が必要であり、通院のための時間がかかりますが、自宅ホワイトニングなら自分の好きな時間に、自宅や旅行先など、どこにいてもケアが可能です。

忙しい日常の中でも、就寝前やテレビを観ながらなど、空いた時間を利用して簡単に歯のケアができるため、生活リズムを崩すことなく継続的な美白ケアが行えます。この手軽さが、多くの人に支持される理由です。

プライバシーの保持

自宅でのホワイトニングのメリットの一つとして、プライバシーの保持が挙げられます。

歯科医院でのホワイトニングは他の患者の目が気になることがありますが、自宅であれば他人の目を気にすることなく、自分のペースでケアを行うことができます。

自宅での処置により、自分の歯の色やホワイトニングの進行具合を他人に見られる心配がなく、心理的なストレスも少なくて済みます。

このように、プライバシーを重視する方にとって、自宅でのホワイトニングは非常に適した選択肢です。

自宅でのホワイトニング:デメリット

効果が限定的かもしれない

自宅でのホワイトニングには多くのメリットがありますが、デメリットとして効果が限定的であることが挙げられます。

市販のホワイトニング製品は、専門の歯科医院で使用されるものよりも漂白剤の濃度が低いため、深い着色や長年蓄積されたステインに対しては十分な効果を発揮しない可能性があります。

また、不適切な使用方法や継続的な使用が行われない場合、期待するほどの白さが得られないこともあります。そのため、より高度なホワイトニング効果を望む場合は、専門機関での処置を検討することが推奨されます。

適切な使い方の必要性

自宅でのホワイトニングにおけるもう一つのデメリットは、適切な使用方法の必要性です。

ホームホワイトニングキットを正しく使わないと、効果が得られないだけでなく、歯や歯肉に損傷を与えるリスクもあります。

例えば、過剰に使用したり、推奨される時間を超えて製品を歯に適用したりすると、歯の敏感化や歯肉の炎症を引き起こすことがあります。

これを防ぐためには、製品の説明書をよく読み、指示に従って慎重に使用することが不可欠です。正しい使用法を身につけることが、安全かつ効果的なホワイトニングを実現する鍵となります。

継続的な自己管理が必要

自宅でのホワイトニングには、継続的な自己管理が必要というデメリットがあります。

プロフェッショナルな歯科医院でのホワイトニングと異なり、自宅でのケアでは個々の責任において正しい方法で製品を使用し続ける必要があります。

これには、定期的なアプリケーションの実施、効果のモニタリング、そして可能な副作用への注意が含まれます。

また、ホワイトニング効果を持続させるためには、日々の食生活や喫煙、飲酒の習慣を見直すことも求められます。自己管理が不十分だと、期待するホワイトニング効果が得られないこともあります。

第2章: 通院型のホワイトニング

通院型ホワイトニングの方法

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院で行われるプロフェッショナルな歯のホワイトニング方法です。

この処置では、高濃度の過酸化水素を主成分とするホワイトニング剤を使用し、専用のライトやレーザーを用いて歯の着色を効果的に脱色します。

一般的に1回のセッションで顕著な白さが得られ、施術時間は約1時間程度です。オフィスホワイトニングは即効性があり、確実な結果が期待できるため、特別なイベント前や短期間で歯を白くしたい場合に適しています。

ただし、コストが高めであること、一部の人には歯の敏感性が増す可能性があることに注意が必要です。

レーザーホワイトニング

レーザーホワイトニングは、最新の歯科技術を用いた歯の美白治療です。

この方法では、特定の波長のレーザー光を利用して、歯に塗布された高濃度の過酸化水素ベースのホワイトニングジェルを活性化します。

レーザーの熱効果により、ホワイトニング剤が歯の深部まで浸透し、速やかに歯の着色物質を分解し白さを向上させます。

治療時間は約1時間と短く、1回の施術で顕著な効果が期待できます。ただし、費用は他のホワイトニング方法に比べて高額になる場合が多く、治療後には一時的な歯の敏感さが生じることがあります。

それでも、持続性と効果の高さから多くの人に選ばれています。

通院型のホワイトニング:メリット

専門家による施術で高い効果

通院型のホワイトニングには、専門家による施術で高い効果が得られるという大きなメリットがあります。

専門家による施術で高い効果
  • 専門知識と技術: 歯科医は専門的な知識と技術を持っているため、安全かつ効果的なホワイトニングを提供できます。
  • カスタマイズされた治療: 患者一人ひとりの歯の状態に合わせて、最適なホワイトニングプランを作成します。
  • 高濃度のホワイトニング剤の使用: 歯科医院では、市販の製品よりもはるかに高濃度のホワイトニング剤を使用することが可能です。
  • 即効性と持続性: 専門的な機器を使用することで、短時間で明らかな効果を得られ、その効果は長持ちします。
  • 万全のアフターケア: ホワイトニング後の適切なアフターケアについても指導があり、長期的な結果の維持をサポートします。

速効性がある

通院型のホワイトニングには速効性があり、以下のようなメリットがあります。

  • 即時の結果: 歯科医院でのホワイトニング治療は、一回のセッションで顕著な白さが得られることが多く、治療後すぐに効果を実感できます。
  • 短時間の治療: 多くのオフィスホワイトニングは1時間以内に完了し、忙しい現代人にとって手軽に受けられる美容治療です。
  • 時間効率: 繰り返しの自宅でのケアが不要で、数回の通院で完了するため、時間を有効に使えます。

安全性が高い(専門的な監督のもとでの施術)

通院型のホワイトニングは、専門的な監督のもとで施術が行われるため、安全性が非常に高いというメリットがあります。

歯科医院では、歯科医師が患者の口腔状態を詳細に診断し、個々のニーズに合わせたホワイトニングプランを提案します。

使用するホワイトニング剤の濃度や種類、照射するライトの強度など、すべて専門家が適切に管理します。

また、万が一の副作用やトラブルが発生した場合には、すぐに対応を行う体制が整っています。このように専門的な管理と即時の対応が可能なため、通院型ホワイトニングは安全で信頼性の高い選択肢とされています。

通院型のホワイトニング:デメリット

高コスト

通院型のホワイトニングには多くのメリットがありますが、そのデメリットとして高コストが挙げられます。

専門的な機器や高濃度のホワイトニング剤を使用するため、これに伴う料金が自宅で行うホワイトニングに比べてかなり高額になります。

一般的に、一回のセッションで数万円から、状態によってはそれ以上の費用がかかることもあります。また、効果を維持するためには定期的なメンテナンスが必要となり、長期的には更に多くの費用が発生する可能性があります。

この高いコストが、ホワイトニングを望む多くの人にとって大きな障壁となることがあります。

定期的な通院が必要

通院型のホワイトニングのデメリットとして、定期的な通院が必要である点が挙げられます。

この治療法では、一度のセッションだけでなく、数回にわたる通院が求められることが一般的です。

これは、最適なホワイトニング効果を得るためや、効果を長持ちさせるための追加的なトリートメントが必要となるためです。

その結果、忙しい日常生活の中で治療のための時間を確保する必要があり、通院のための時間的な制約や移動に関連するストレスが生じることがあります。

これが、特に時間に制約のある人にとっては大きな負担となる場合があります。

治療後の感度増

通院型のホワイトニングには多くの利点がありますが、治療後の歯の感度増加というデメリットも存在します。

この治療では、高濃度のホワイトニング剤を使用するため、治療後に歯が冷たい飲食物に対して敏感になることがあります。

一時的な症状であることが多いものの、個人差が大きく、中には数日間から数週間痛みを感じる人もいます。

この感度の増加は、歯のエナメル質が一時的に弱まることによって起こります。そのため、治療を受ける際には、事前に歯科医と相談し、適切な対策を講じることが重要です。

第3章: どちらを選ぶべきか?

各方法の比較

コスト比較

通院型ホワイトニングと自宅でのホワイトニングのコストを比較してみます。

項目通院型ホワイトニング自宅でのホワイトニング
初期コスト通常5万円〜15万円3,000円〜10,000円
維持コスト年に1回程度のメンテナンス費用製品の追加購入による
効果の持続時間約1年〜数年数ヶ月〜1年
セッション時間1時間〜数時間(1回完結型もあり)自宅で随時
総費用高価だが長期的に効果定期的にコストが発生

この表から、通院型ホワイトニングは初期コストは高いものの、一回の治療で長期間効果が持続することがわかります。

一方、自宅でのホワイトニングは低コストで始められるものの、効果を維持するためには継続的な製品の購入が必要となります。

効果の持続性

以下は、通院型ホワイトニングと自宅でのホワイトニングの効果の持続性に関する比較表です。

項目通院型ホワイトニング自宅でのホワイトニング
効果の即効性即効性があり、一回の治療で明確な効果漸進的な効果が見られる
持続期間約1年〜数年数ヶ月から1年
追加治療必要に応じて追加治療が可能定期的な再施術が必要
効果の安定性効果が安定しており、均一な白さが期待できる効果にばらつきがあることが多い
生活習慣の影響高い耐性があり、日常の飲食の影響を受けにくい飲食や喫煙などの影響を受けやすい

この表から、通院型ホワイトニングは高い初期投資が必要ですが、その効果は長期間持続し、効果の均一性や安定性が高いことが分かります。

一方で、自宅でのホワイトニングは低コストで始めやすく、手軽に行えるものの、効果の持続性や均一性には劣ることが示されています。

必要な時間と手間

以下の表では、通院型ホワイトニングと自宅でのホワイトニングにおける必要な時間と手間について比較しています。

項目通院型ホワイトニング自宅でのホワイトニング
施術時間単発または少数の長時間セッション(1〜数時間)短時間で頻繁な施術(日々または週数回)
通院回数数回の通院で完了通院不要
手間のかかり具合予約や通院の手間あり家で手軽に、自分のタイミングで実施可能
施術の継続性通院完了後は特に継続的な手間不要持続的な効果を得るために継続的な自己管理が必要
準備と後処理歯科医院でプロが対応自分で準備と後処理を行う必要あり

この比較から、通院型ホワイトニングは時間的には集中的な投資が必要ですが、施術回数は限られており、プロフェッショナルによる手間のかからない施術が特徴です。

一方、自宅でのホワイトニングは日常的な継続が求められるものの、自分の好きな時に手軽に行える利点があります。

ユーザーのニーズに基づく選択

個人のライフスタイル

ホワイトニングを選ぶ際には、個人のライフスタイルが重要な要素となります。

忙しい日常を送るビジネスパーソンや社会人なら、時間を効率的に使える通院型ホワイトニングが適しているかもしれません。

即効性と専門家による確実な施術で、短時間で顕著な効果が期待できます。一方、自宅でゆっくりとケアを行いたい、またはコストを抑えたい学生や主婦の方には、自宅でのホワイトニングが向いています。

日々のルーティンに取り入れやすく、自分のペースでじっくりと効果を実感できるため、生活スタイルに合わせた選択が重要です。

予算

ホワイトニングを選ぶ際、予算は重要な判断基準の一つです。

高額な初期投資が可能な場合、通院型ホワイトニングが適しています。

専門の設備と技術で高い効果を短期間で実感でき、長期的には追加費用が少なく済むことも多いです。一方、予算が限られている場合は、自宅でのホワイトニングキットがおすすめです。

初期コストは抑えられるものの、効果を維持するためには定期的な製品の購入が必要となります。予算に応じて最適な方法を選ぶことで、経済的な負担を最小限にしながら美しい白い歯を目指すことができます。

望む効果の度合い

ホワイトニングの選択において、望む効果の度合いを考慮することは非常に重要です。

劇的かつ速やかな効果を求める場合、通院型ホワイトニングが最適です。この方法では、専門的な技術と高濃度のホワイトニング剤を用いることで、一回の治療で顕著な白さが実現可能です。

対照的に、自然な白さを段階的に得たい場合や、徐々に効果を実感したい場合は、自宅でのホワイトニングキットが適しています。

これにより、日常生活の中で少しずつ歯の色を改善していくことができ、自然な変化を楽しむことが可能です。自分のライフスタイルや美容に対する期待に合わせて、最適なホワイトニング方法を選択しましょう。

歯のホワイトニングまとめ

自宅でのホワイトニングと通院型ホワイトニングの違いの総括

項目自宅でのホワイトニング通院型ホワイトニング
初期コスト低い(数千円〜数万円)高い(数万円〜数十万円)
施術時間短時間で頻繁に行う長時間で数回の通院
効果の速度徐々に現れる即効性がある
効果の持続性比較的短期間長期間
専門的監督なしあり(専門家による監督)
安全性正しい使用が前提高い(専門的な管理と設備)
手間の必要性高い(自己管理が必要)低い(専門家が対応)
プライバシー保たれる相対的に少ないプライバシー
使用する製品市販のキットや自然素材専門的な薬剤と機器
適用性軽度から中度の着色に対応重度の着色や即効性を求める場合

この表から分かるように、自宅でのホワイトニングは手軽さとコストの面で有利ですが、効果の持続性や安全性を最大化するためには自己管理が重要です。

一方で通院型ホワイトニングは、費用は高くつきますが、その分、専門家による確かな治療を受けられ、より早く確実に効果を実感することができます。

自分のニーズに合ったホワイトニング方法を選ぶことが重要です。

読者が自分に最適な選択をするためのアドバイス

ホワイトニングを選ぶ際には、まず自分のライフスタイル、予算、そして求める効果の程度を考慮することが重要です。

忙しい日常を送る人や即効性を求める場合は、専門的な治療を提供する通院型ホワイトニングが適しています。一方、費用を抑えつつ自分のペースでケアを行いたい場合は、自宅で手軽に行えるホワイトニングキットを選ぶと良いでしょう。

どちらの方法もメリットとデメリットがあるため、事前にしっかりと情報を収集し、自分に合った方法を選ぶことが成功の鍵です。

まずは自宅でのホワイトニングがおすすめ

ホワイトニングを始めたいと考えている方には、まず自宅でのホワイトニングから試してみることをおすすめします。

自宅でのホワイトニングは、低コストで始められ、自分のペースでケアを進めることができるため、ホワイトニングに初めて挑戦する方にも手軽です。

また、時間や場所を選ばずに施術できるため、忙しい日常を送る方にも最適です。

自宅でのトライアルを通じて、ホワイトニングへの理解を深めつつ、自分の歯にどの程度効果があるかを確かめることができます。

医療自宅ホワイトニング

美容ホワイトニングと医療ホワイトニングの違い

項目美容ホワイトニング医療ホワイトニング
主な成分ポリリン酸過酸化尿素(水素)
効果の範囲歯の表面のみの着色除去歯のエナメル質の外側と内側を漂白
処置場所ホワイトニングサロンなど歯科医院
利用できる場所広範囲医療機関でのみ
目的美観向上のための表面的な着色除去総合的な歯のホワイトニングと健康的な口内環境の維持

美容ホワイトニングは主に表面的な着色を除去することを目的とし、比較的手軽に行えるものです。

一方で、医療ホワイトニングはより深い部分まで漂白効果があり、歯科医の管理のもとで行われるため、効果が期待できますが、コストが高くなる可能性があります。

自宅でするなら医療ホワイトニング

おすすめポイント
  • 通院しなくてもできるホワイトニング
  • 過酸化尿素を含んだ医療用ホワイトニング材
  • 2つのプラン(薬剤)から選べる
  • 歯科医師がもしものときにも応対
  • スマホでできる無料のオンライン診療
  • 決済確認後、最短当日発送(日曜月曜を除く)

申し込みから利用までのステップ

ステップ内容
1. オンライン診療の予約申込みメールフォームから必要事項を記入し、送信する
2. オンライン診療の予約日時決定希望日時に基づき予約を取り、予約確定後にZoomのURLをメールで送信する
3. オンライン診療当日Zoomを使った30分程度のオンライン診療とカウンセリングを実施。歯科医師が口腔内を確認し、問題がなければホワイトニングの注意事項を説明する
4. 購入および発送決済に関する情報をメールで送り、支払い確認後にホームホワイトニングキットを発送する

医療ホワイトニング

料金プランは3種類

商品名オパール
エッセンスGo
オパール
エッセンス10%
料金(1クール分)
[使用期間目安]
19,800円(税込)
[10日間]
17,980円(税込)
[1ヶ月:12日使用+1週間休み+12日使用]
料金(3ヶ月セット)
[使用期間目安]
89,000円(税込)
[10日間おき使用5箱]
1万円お得!
47,000円(税込)
[(12日使用+1週間休み+12日使用)×3箱]
約5,000円お得!
成分過酸化尿素17%(過酸化水素6%)過酸化尿素10%
装着時間1.5時間 /日2時間 /日
マウス
ピース
専用
トレー&シート
付属
自作
マウスピース
付属
開始時期即日即日
歯科医院の
通院
なしなし

+

気になる方はまずはおためしプランから始めてみましょう!

医療ホワイトニング

運営法人

運営は20年以上の実績があります。

項目説明
法人名株式会社精密審美会
設立年2000年
代表者名河野 裕二
事業内容主にオンラインホワイトニングサービスの提供
本店所在地東京都港区六本木7-18-8 第Ⅲ大栄ビル5F

医療ホワイトニングまとめ

医療ホワイトニングは、初めてホワイトニングを考えている方に特におすすめです。

この方法は、歯科医院で行われ、専門的な設備と技術によって安全かつ迅速に歯を白くすることができます。

医療ホワイトニングでは、過酸化水素などの強力な薬剤を使用し、短期間で顕著な効果を期待できるため、特別なイベント前や確実な結果を求める方に理想的です。

プロの手による丁寧な施術で、美しい笑顔を手に入れることができるでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

医療ホワイトニング