スポンサーリンク

ストリーミングスティック「スカパー!+(プラス) ネットスティック」とは!?

、「スカパー!+(プラス)ネットスティック」とは!? スカパー!
記事内に広告が含まれています。

こんにちはスカパー!を20年近く利用している まさ@50です(@fausta_life50)

2024月4月25日にスカパー!より発表された、ストリーミングスティック「スカパー!+(プラス) ネットスティック」について解説していきます。

現在、数多くある動画視聴サービスですがはたして「スカパー!+(プラス) ネットスティック」はどんなサービスなのでしょうか?

早速見ていきます。

スポンサーリンク

ストリーミングデバイスの普及について

近年、ストリーミングデバイスの普及が加速しています。ここでは、その流れを段階的にわかりやすく解説します。

1. ストリーミングとは

ストリーミングとは、インターネットを通じてリアルタイムで映像や音声を配信・視聴する技術です。従来のテレビ放送やDVDなどと異なり、ユーザーは好きな時に好きなコンテンツを選んで楽しむことができます。

2. ストリーミングデバイスの役割

ストリーミングデバイスは、インターネットからコンテンツを受信してテレビなどの大画面で楽しむための機器です。これには、専用のハードウェア(例えば、Apple TVやAmazon Fire TVなど)や、スマートTVの内蔵アプリなどがあります。

3. 普及の背景

ストリーミングデバイスの普及は、高速インターネット接続の拡大と密接に関連しています。ブロードバンドの普及により、高品質な映像をスムーズに配信できるようになったため、多くの家庭でストリーミングサービスが利用されるようになりました。

4. 利用者の増加

NetflixやAmazon Prime Video、Huluなどのサービスが人気を博し、さらに多くの人々がストリーミングデバイスを導入し始めました。これらのサービスは多様なジャンルの番組を提供しており、それぞれの利用者が個々の好みに合ったコンテンツを見つけやすくなっています。

5. 今後の展望

今後もストリーミングデバイスの市場は拡大を続けると予想されます。技術の進化により、さらに多様なデバイスが登場し、利便性が高まることが期待されます。また、5Gなどの新しい通信技術が普及することで、さらに高速で安定したストリーミングが可能になるでしょう。

このように、ストリーミングデバイスは私たちのエンターテイメントの形を大きく変えており、その普及は今後も多くの家庭や個人に新たな視聴体験を提供し続けることでしょう。

スポンサーリンク

「スカパー!+(プラス)ネットスティック」とは?

「スカパー!+(プラス)ネットスティック」とは?

「スカパー! +(プラス) ネットスティック」とは、テレビに接続することで多様な動画配信サービスを大画面で楽しめるデバイスです。

スカパー!の番組に加え、TVer、NHKプラス、Prime Video、FOD、U-NEXT、SPOOX、YouTubeなど多彩に搭載予定。

ユーザープロフィールに基づいたカスタマイズが可能で、個々の好みに合わせたコンテンツを簡単に見つけることができます。

このサービスによりスカパー!は、放送・配信を横断するハイブリッド型プラットフォーマーへと進化を遂げるそうです。

スカパー!の視聴確認方法!BS、CSで違うアンテナ、光回線別で解説

スカパーJSATが新たにストリーミングスティックを開発

スカパーJSAT株式会社は、2024年10月から「スカパー!+(プラス)ネットスティック」という新製品を提供開始します。これにより、ユーザーは自宅のテレビで簡単に多様な動画配信サービスを楽しめるようになります。

主な特徴

  • 接続の容易さ: テレビに差し込むだけで設定完了。
  • 多様なコンテンツ: TVer、NHKプラス、Prime Video、FOD、U-NEXTなど、様々なサービスがプリインストールされています。
  • 個別カスタマイズ: ユーザープロフィールに基づいた推薦システムを採用。
  • 利用者の需要調査: 利用者の約63%がテレビ画面での視聴を希望。

比較表:スカパー!+(プラス)ネットスティック と他社製品

機能・特徴スカパー!+ネットスティックAmazon Fire TV StickGoogle Chromecast
動画配信サービススカパー!、TVer、NHKプラス等Amazon Prime Video中心多数のアプリサポート
プラットフォームGoogle Play対応Amazon Fire OSGoogle Play対応
カスタマイズユーザープロフィールに基づくAlexa音声コントロールGoogle アシスタント
インストールプリインストール済みプリインストール済み別途インストール必要
ユーザーインターフェース直感的な操作直感的な操作スマートフォン操作主体

スカパー!+ネットスティックは、多彩な国内外の動画サービスがプリインストールされており、ユーザープロフィールに基づいたカスタマイズが可能です。

それに対し、Amazon Fire TV StickはAmazonのサービスを中心に設計されており、Google Chromecastはスマートフォンを使った操作が中心です。

「スカパー!+(プラス)ネットスティック」料金

スカパーを無料で見る方法!録画もできる1回だけの裏ワザを解説!

「スカパー!+(プラス)ネットスティック」の利用料金についての発表はまだされていないようですが、まずは先行モニターを募集するようです。

先行モニター募集(スカパー!契約者対象)

「スカパー+(プラス) ネットスティック」は、第一弾として先行モニターを募集!(スカパー契約者)
先行モニターを通じて、操作性や嗜好性など、ユーザー評価と潜在需要を掘り起こし、改良を加えて幅広い方へのサービス事業を本格展開する予定だそうです。

「スカパー! +(プラス) ネットスティック」 モニター募集概要

「スカパー! +(プラス) ネットスティック」 モニター募集概要

項目詳細
応募期間2024年4月25日(木)~2024年6月30日(日)
モニター期間2024年10月1日(火)~2025年8月31日(日)
応募対象者スカパー!の各種サービス加入者
当選者数20,000名(抽選)
必要条件年3回のアンケート回答
スカパー!

「スカパー! +(プラス) ネットスティック」がおすすめの人

  • 他社の配信サービスをTVの大画面で見たい
  • 【TVer】地上波の見逃し番組をTVの大画面で見たい
  • 【YouTube】のコンテンツをTVの大画面で見たい
  • 【録画を忘れがち】配信サービスでTVの大画面で見たい
  • 複数の配信サービスを契約している

以上に当てはまる方は乗り換えの検討をしてもよいかもしれません。

「スカパー!+(プラス)ネットスティック」まとめ

スカパー!+(プラス)ネットスティック」は、様々な動画配信サービスをテレビの大画面で楽しむことができるストリーミングスティックです。

プリインストールされた複数の動画配信サービスと、Google Playに対応し、個々のユーザープロフィールに基づいたカスタマイズが可能です。

このデバイスは、視聴体験をより豊かにするために開発されました。興味がある方は、先行モニターとしてこの新技術を体験するチャンスです。

特に現在「スカパー!」のサービスを利用している方は先行モニターに申し込んで新しい体験をしてみることをおすすめします。

「スカパー! +(プラス) ネットスティック」先行モニター募集