スポンサーリンク

裏社会をテーマにした漫画:読むべきおすすめ11作品とその魅力を解説

裏社会をテーマにした漫画11選 レビュー
記事内に広告が含まれています。

こんにちは まさ@50です(@fausta_life50)

裏社会をテーマにした漫画は、その隠された世界のダイナミクスと人間模様を描くことで、読者に深い印象を与えます。

この記事では、そんな裏社会をリアルに、時には風刺的に描いたおすすめの漫画11作品を紹介します。

各作品がどのようにこの独特の世界観を表現しているのか、その魅力と共に解説していきます。

これらの漫画は、エンターテイメントとしてだけでなく、社会の影の部分に光を当てる手段としても価値があります。

是非、気になった漫画があれば読んでみてください。

スポンサーリンク

第11位:特命係長只野仁

特命係長只野仁のあらすじ

特命係長只野仁」は、平凡なサラリーマン・只野仁が会社の裏の顔として様々な難題を解決する様子を描いた物語です。

彼は表向きはマーケティング部に所属する平凡な係長ですが、実際には企業のトップ直属の特命係長として、普通の社員では手に負えない特殊な問題を秘密裏に処理しています。

美女との駆け引きやアクションも交えつつ、会社や社会の暗部に挑む只野仁の活躍をコミカルかつスリリングに描き出しています。

特命係長只野仁の魅力

特命係長只野仁」の魅力は、主人公・只野仁が持つ二面性にあります。

平凡なサラリーマンとしての顔と、裏でトラブルを解決する特命係長としての顔を使い分ける彼の姿は、視聴者にスリルと興奮を提供します。

また、社会の暗部に切り込むストーリーには現実の問題を反映させた社会派ドラマの要素も含まれており、ただのアクションやサスペンスに留まらない深いメッセージ性があります。

多彩な女性キャラクターとのやりとりも見どころの一つです。

スポンサーリンク

第10位:バウンサー

バウンサーのあらすじ

バウンサー」は、元プロボクサーの青年が、ナイトクラブの用心棒(バウンサー)として働き始める物語です。

彼はそこで様々なトラブルに巻き込まれつつ、自らの過去と向き合いながら成長していく過程を描いています。

クラブで起こる問題を解決する一方で、主人公自身の内面的な葛藤や人間関係の再構築も重要なテーマとなっています。アクションとドラマが組み合わさった、緊張感あふれる展開が魅力の漫画です。

バウンサーの魅力

バウンサー」は、元ボクサーの主人公がナイトクラブのバウンサーとして働く中で見せる成長が魅力的です。

彼の物理的な強さだけでなく、精神的な強さも試される場面が多く、読者に強い印象を与えます。また、ナイトクラブという特殊な舞台設定が、独特の雰囲気と緊張感を作り出しています。

人間ドラマとアクションが見事に融合した作品で、キャラクターたちの心理描写が非常にリアルです。

第9位:サラリーマン金太郎

サラリーマン金太郎のあらすじ

サラリーマン金太郎」は、元暴走族のリーダーである矢島金太郎が大手建設会社に就職し、その破天荒ながらも正義感溢れる行動で会社内のさまざまな問題に立ち向かっていく物語です。

金太郎は彼特有の熱血漢として、企業の腐敗や不正に真っ向から挑戦し、その人柄や行動力で多くの同僚やライバルたちから尊敬されるようになります。

サラリーマンとしての厳しい現実と理想を追求する彼の活躍が描かれます。

サラリーマン金太郎の魅力

サラリーマン金太郎」の魅力は、主人公・山田金太郎の熱血さと正義感にあります。

彼の行動は、常に強い倫理観と責任感を背景に持ち、企業社会の問題をエネルギッシュに解決していきます。

この漫画は、サラリーマン文化に新たな風を吹き込むと同時に、読者に対し、仕事に対する情熱と生き方における正直さの重要性を伝えます。

金太郎の人間味あふれるキャラクターが、多くの共感とインスピレーションを与える点も見どころの一つです。

第8位:銭華

銭華のあらすじ

銭華」は、経済の世界を舞台にした漫画で、主人公が巨大な金融市場で成功を目指す様子を描いています。

彼は資本主義社会の中で、金融の知識と冷静な判断力を駆使しながら、株や投資を通じて財を成します。

この物語は、経済の裏側に潜む陰謀や利害の対立を揭示し、主人公がそれらの困難をどのように乗り越えるかを追います。

金融業界のリアリズムとドラマが織り交ぜられ、読者にスリリングな体験を提供します。

銭華の魅力

銭華」は、金融業界の厳しさと魅力をリアルに描いた漫画です。

主人公の戦略的な思考と行動がスリリングで、経済の世界における人間ドラマが緻密に展開されます。この作品は、金融市場の複雑さと、そこで働く人々の心理や対人関係を深く掘り下げることで、読者に新たな視点を提供します。

経済学の知識があればあるほど楽しめる作品であり、金融に興味がない人にもそのドラマが魅力的です。

第7位:マージナルオペレーション

マージナルオペレーションのあらすじ

マージナルオペレーション」は、社会から見捨てられた無能なサラリーマンが、脳移植手術を受けた後、戦略的才能を活かして私設軍事組織の指揮官となり、様々な国際紛争に関与していく物語です。

この新たな命を得た主人公が、世界の裏側で起こる軍事的な葛藤を巧みに操りながら、自身の存在価値と人間性を問い直す過程が描かれます。

マージナルオペレーションの魅力

マージナルオペレーション」の魅力は、主人公が示す圧倒的な戦略的思考と、深い人間ドラマの融合にあります。

無能とされた男が、軍事戦略の天才として再生する過程は、サスペンスとドラマが巧みに織り交ぜられています。

この漫画は、単なる戦闘シーンの連続ではなく、戦争の背後にある政治や人間関係を深く掘り下げることで、読者に強いメッセージを投げかけます。

それにより、リアリズムと心理的な緊張感が生み出されています。

第6位:正直不動産

正直不動産のあらすじ

正直不動産」は、正直すぎる性格が災いして転職を繰り返す主人公が、不動産会社「正直不動産」で働くことになる物語です。

この会社のポリシーは、不動産業界の常識を覆すほどの透明性と正直さ。主人公は顧客に対して真実のみを伝えることによって、多くの問題に直面しながらも、新たな価値観や人間関係を築いていきます。

このドラマチックでユーモラスな展開が、不動産業界の一面を描き出しています。

正直不動産の魅力

正直不動産」の魅力は、業界の慣習に挑む新鮮なアプローチとキャラクターたちの成長にあります。

通常隠されがちな不動産の問題点を率直に顧客に伝える主人公の姿勢は、視聴者に新たな視点を提供し、業界に対する理解を深めます。

また、正直さがもたらす人間関係の変化やコミカルなエピソードが、物語に深みとユーモアを加えています。

このユニークな設定と人間ドラマが絡み合うことで、ただのビジネス漫画を超えた魅力を放っています。

第5位:土竜の唄

土竜の唄のあらすじ

土竜の唄」は、警察庁から極秘任務を受けた一人の警察官が、任侠団体に潜入捜査官(モグラ)として潜り込むストーリーです。

主人公・鬼塚英吉は、団体内での信頼を得ながらも、多くの困難と対立に直面します。彼のダブルライフは、組織犯罪の実態と心理的な葛藤をリアルに描き出し、緊迫感ある展開が続きます。

この漫画は、アクションと人間ドラマが見事に融合している点が特徴です。

土竜の唄の魅力

土竜の唄」の魅力は、リアルで緊迫感あふれる潜入捜査の描写と主人公・鬼塚英吉の複雑な心理状態にあります。

組織犯罪の世界に身を置きながら正義を追求する彼の姿は、読者に強い共感と興奮を提供します。また、組織内の人間関係やドラマが巧妙に描かれ、アクションシーンと深い人間ドラマが絶妙に絡み合っています。

この漫画は、スリルとサスペンスを楽しむとともに、人間性について深く考えさせる作品です。

第4位:クロサギ

クロサギのあらすじ

クロサギ」は、詐欺師たちを騙して罠にはめる「詐欺師の詐欺師」である主人公・黒崎が活躍する物語です。

黒崎は自身の家族が詐欺師によって破滅した過去を持ち、詐欺師にだけ復讐することを生きがいとしています。彼は詐欺の手口を巧みに使い、悪徳な詐欺師たちから金を騙し取り、被害者たちへと返すことをミッションとして行動します。

このダークヒーローの活躍を描くサスペンスが特徴的です。

クロサギの魅力

クロサギ」の魅力は、主人公・黒崎が詐欺師を欺く「詐欺師の詐欺師」としての複雑な役割にあります。

彼の過去の痛みが復讐という形で表現されることで、読者に強烈な印象を与えます。

また、詐欺の手法や心理戦が巧みに描かれており、その知識の深さと展開の巧妙さはサスペンスとしての魅力を一層高めています。

この漫画は、犯罪と正義の境界線を探る社会派エンターテインメントとしても楽しむことができます。

第3位:静かなるドン

静かなるドンのあらすじ

静かなるドン」は、普通のサラリーマンである主人公が、実は伝説のヤクザの息子であることが判明し、やがてヤクザの世界に足を踏み入れていく物語です。

彼は平和を愛する性格ながらも、組織や家族を守るために冷静かつ賢く立ち回ります。この漫画は、ユーモアとアクションを交えながら、裏社会の人間関係や葛藤を描いています。

静かなるドンの魅力

静かなるドン」の魅力は、表向きは普通のサラリーマンである主人公がヤクザの世界に巻き込まれていく独特な設定にあります。

彼の二重生活と、それに伴う内面の葛藤や道徳的なジレンマが深く掘り下げられています。また、一見穏やかだが実は鋭い洞察力と行動力を持つ主人公のキャラクターは、読者に強い印象を与えます。

この作品は、ヤクザもののスリルと家族愛や友情などの普遍的なテーマが絶妙に絡み合っています。

第2位:ナニワ金融道

ナニワ金融道

ナニワ金融道」は、大阪を舞台にした貸金業者である主人公・灰原達之が、金に困った人々からの依頼を解決していく物語です。

灰原達之は、法の隙間を縫うような手法や巧みな交渉術を駆使して、借金の取り立てや金融トラブルに立ち向かいます。

この漫画は、金融業界のダークな側面をリアルに描きつつ、畑中の人情味あるキャラクターが魅力的で、多くのファンを持つ作品です。

ナニワ金融道

ナニワ金融道」の魅力は、主人公・灰原達之の鋭いビジネスセンスと人情味が絶妙に融合している点にあります。

金融業界の厳しさと人間ドラマをリアルに描きつつ、彼が借金問題を解決する過程は、スリリングかつ感動的です。

また、灰原達之の個性的なキャラクターが、読者に強い印象を残します。この作品は、社会的な問題に対する洞察も提供し、エンターテインメントとしてだけでなく、教訓を与える一面も持っています。

第1位:闇金ウシジマくん

闇金ウシジマくん

闇金ウシジマくん」は、無情で冷徹な闇金融業者・丑嶋馨が主人公の物語です。

彼は高利貸しのビジネスを営みながら、返済能力のない人々を容赦なく追い込む日々を送っています。

この漫画は、金銭に翻弄される人々の苦悩と、それに対する丑嶋の冷酷な取り立て方法を描き出し、日本社会の暗部をリアルに浮かび上がらせています。

闇金ウシジマくん

闇金ウシジマくん」の魅力は、社会の影に潜むリアルな闇金融の世界を赤裸々に描いている点にあります。

主人公・丑嶋馨の冷徹で計算高いキャラクターは、時にショッキングなほどリアリズムを追求しており、読者を引き込みます。

また、登場人物たちが直面する経済的な絶望や倫理的なジレンマを通じて、人間性の暗部を掘り下げるストーリーテリングは、強烈な印象を残します。

社会問題に鋭く切り込むこの作品は、考えさせられるポイントが多く含まれています。

裏社会をテーマにした漫画のまとめ

裏社会をテーマにした漫画は、犯罪組織や闇の世界を舞台に、様々なドラマが展開される作品群です。

これらの漫画は、主人公が葛藤や困難を乗り越える過程を描くことで、読者に強烈な印象を与えます。

また、社会の暗部をリアルに描き出し、時には人間の倫理やモラルを問う深いメッセージを投げかけることも特徴です。

エンターテイメントとしての面白さとともに、考えさせられるテーマが多く含まれているのでその世界観を楽しみましょう!

たくさんのまんがを読みたい方におすすめ

  • 完結したマンガを最後までイッキに読みたい!
  • 懐かしい漫画も新しい漫画もとにかく毎日たくさん読みたい!(圧倒的作品数)
  • 他では読めないオリジナル漫画が読みたい!

そんな方におすすめなのが

人気の漫画が32000冊以上読み放題のサービスです。 会員登録者数200万人突破!