スポンサーリンク

50代男性の転職は難しい!?未経験、無資格でも転職できる仕事とは!

50代男性の転職は厳しい!?未経験、無資格でも転職できる仕事とは! 仕事・50代

今までに転職を5回している まさ@50です(@fausta_life50)

今までの私の転職歴は

  • 旅行業2年
  • 飲食業8年
  • 不動産業15年
  • コールセンター6年
  • 現在、運営管理1年

となっていて自分でかいていてなんですが業種的には本当にバラバラでそれぞれの仕事ですべて責任者や管理者まで経験しています

転職した経緯はそれぞれ違いますがその仕事をやりたいと思っていたわけではなくその時々の「」や「流れ」に身をまかせた結果かなとおもっています

しかしこれは極端なパターンで普通の方は職種は違えどある程度の方向性はあるとおもいます

実際に50代になって資格や経験がない状態での転職は厳しいのでしょうか

結果からお伝えすると答えはNOです

自分の適正と優先順位を見直すことで解決する確率は各段にたかまります

この記事では

  • 50代での転職はなぜ難しくて厳しいのか
  • 50代で未経験・無資格で働ける仕事とは
  • 自分の適正と優先順位を考える
  • 資格取得やスクールに通うと選択肢が広がる仕事とは

以上の内容がわかります

スポンサーリンク

50代での転職はなぜ難しくて厳しいのか

まずは総務省統計局発表の「労働力調査 令和3年(2021年版)平均(速報)結果の概要」をもとに50代での転職の成功率をみてみましょう

上記の統計によると現在なんらかの仕事に就業していてかつ過去1年以内に離職を経験した人の25~64歳までの世代別割合(男女計)は以下の通りです

年齢割合
25~34歳7.1%
35~44歳4.5%
45~54歳3.4%
55~64歳3.6%

50代を含む40代後半~60代前半までの転職率が20代後半~40代前半までの半分程度であることから若年層に比べて50代の転職が難しいという現状が見えてきます

さらに性別別では女性よりも男性の方がさらに割合が低いとされています

女性の場合は子育てなどが終わって復職などするばあいに非正規職員としてはたらくケースがおおく男性の場合は終身雇用を前提に働いてきた方も少なくないことから転職者自体が少なく50代男性の転職者や転職成功者の割合が低くなっているとかんがえられます

企業側の本音

実は私も30代のころに不動産関連の仕事で管理職をしていたときにかなりの数の面接をたんとうしていたことがあります

今思えばそのころにも少なからず40,50代の求職応募者は実際にありました

企業側からの目線でいうと

  • 年齢が高い→人件費が高くつく
  • 年齢が高い→プライドが高く扱いにくいイメージがある

人件費については職種によってもことなるとおもいますが応募者が50代のばあい前職でのキャリアが長く高額な給与をもらっているばあいも多いために企業側からすると同じ給与ならもう少し若手を入社させたいと考えるところがおおいです

また同じ職種のばあいはキャリアが長くプライドがある方も多く自己流の仕事の進め方などのこだわりがあり上司や会社からの指示に従わないことなどが懸念されています

私自身もそうでしたがやはり単純に部下が年上というのは扱いずらいですし企業側が現場で扱いづらいであろう50代のベテランの採用をひかえているところもおおいのが現実です

それではやはり50代での転職はむずかしいのでしょうか

私自身もそうでしたがまずは自分の適正と優先順位の見直しをおすすめします

次でみていきましょう

スポンサーリンク

自分の適正と優先順位を考える

まず上記でおはなししたのは転職のさいの職種に注目してみることです

私も最初はそうでしたがどうしても今までやってきた仕事や職種を中心に仕事をさがしていました

そうすると年齢があがってくるにしたがって採用を見合わせられるケースが増えてきます

そこで私の場合は目先をかえて自分の強みや好きなこと、これからの人生をかんがえたときに今の職種ではなくてもかなえられることに気づきました

これがわかってくると意外といろいろな仕事があることに気づきます

まずは自分の中でのプライオリティ(優先順位)を書き出してみましょう

  • お金(給与)
  • 時間
  • 仕事内容や働く環境
  • 好きか嫌いか
  • 楽しいか楽しくないか

もちろんお金という方がおおいとおもいますが逆にお金に固執しなくなると人生かなり楽になりますよ

私のばあいは以前転職した時には年収は100万円ほどへりましたがその分働く時間が月に50時間、年間で600時間もへりました

このおかげでストレスもなくなりリストラなどの心配もなく空いた時間で趣味も楽しめたりと大満足でした

お金が欲しい場合はこの空いた時間でアルバイトすることで年収減の補填をすることもできます

また人生100年時代といわれる昨今ですがおそらく70歳や80歳になっても働くことになるかもしれません

そうなってくると「楽しい・楽しくない」「好き・嫌い」というのは大きな要素ではないでしょうか

一度考えてみることをおすすめします

50代で未経験・無資格で働ける仕事とは

それでは50代で資格がなくて未経験で働ける仕事にはどんな職種があるんでしょうか

  • 営業職
  • 接客業
  • 介護・福祉
  • 飲食業
  • Web・IT

などがあります

営業職

まず代表的な仕事として営業職があげられます

営業の経験があるかたなら業種を変えれば世の中にはたくさんの営業の仕事があるのでチャンスはひろがるとおもいます

また営業にもいろいろな種類があるので営業の種類をかえることで活路がみいだせるばあいもあるので一度みなおしてみましょう

営業の種類
  • 法人営業
  • 個人営業
  • メーカー営業
  • 商社営業
  • 代理店営業
  • 新規開拓営業
  • ルート営業
  • 訪問営業
  • 飛び込み営業
  • テレアポ営業
  • インサイドセールス
  • 反響営業
  • 受付営業

接客業

接客業は業種にかかわらず来店または来社をしたかたに心地よくすごしていただくためのお手伝いをします

50代のばあいでも求人情報をみるとかなりの数がヒットするので実は接客が好きというかたにはおすすめです

介護・福祉

今もっとも求人数がおおい職種が「介護・福祉」関連のしごとです

高齢化社会が進む中でいろいろな現場で必要とされています

  • 特別養護老人ホーム
  • グループホーム
  • デイサービスセンター
  • 障害者支援施設
  • 小規模多機能型施設
  • ヘルパーステーション

それぞれによって勤務スタイルなどがちがうために自分とマッチするものがあれば検討の余地ありです

福祉・介護の仕事は支援を必要とする方がいつまでも住んでいる地域でその人らしく暮らせるよう「生活を支援する」「自立を促す」という社会的に大変意義のある職業です

飲食業

今は大変な飲食業界ですがこちらも人出不足がいわれています

飲食業でまず思い浮かぶのはホールスタッフやキッチン補助などのしごとでしょう

50代になっていまさら飲食業とおもうかたがおおいとおもいます

しかし飲食業にはいろいろな仕事があるのをご存じですか

以外にも

  • 商品開発や研究開発
  • 販売促進やマーケティング
  • 店舗開発
  • 人事・労務・教育

意外と飲食業界でも上記のような募集があったりします

経験があるかたなら職種は違っても採用の可能性がたかくなるでしょう

また未経験でも最初は店舗スタッフなどからのスタートして上記の仕事について大きく年収をのばすかたもおおくいるので飲食業が好きな方はけんとうしてみましょう

Web・IT

WebやITときくと未経験の50代のかたは敬遠してしまうかたもおおいとおもいます

しかし最近ふえている求人では未経験でもちろんプログラミングなどできなくてもいい職種があります

それは

  • IT事務・ITサポート事務
  • インターネット広告営業・Webマーケティング
  • IT営業

IT事務・ITサポート事務

「IT事務・ITサポート事務」はシステム開発の現場(プロジェクト現場)に行ってデータ入力や書類・資料作成、会議の調整など諸々の事務作業を行います

インターネット広告営業・Webマーケティング

「インターネット広告営業・Webマーケティング」という職種はインターネットを利用するといつも目にする検索連動型広告や動画広告、SNS広告等の営業職です

IT営業

「IT営業」はWebサイト制作などITに関連する商品・サービス、情報システムに関わるサービスやソフトウェアなどを扱う営業職です

顧客に対してじっくりヒアリングして課題を検討したうえで提案を行うソリューション営業です

基本的なパソコン操作ができれば大丈夫なのでいままでの経歴などをりようできるようであればさらによいとおもいます

コールセンター

個人的はコールセンターもおすすめです

私自身5年間働いていましたがおすすめするりゆうとして意外と正社員になりやすいということと働き方が自由にできる点です

わたしも入社2年目で正社員になることを勧められましたが長く働くつもりがなかったので断りました

話すことが好きな方にはおすすめです

また現在では在宅で働けるリモートワークで働けるコールセンターも増えているので働き方があうひとにおすすめです

資格取得やスクールに通うと選択肢が広がる仕事とは

資格取得やスクールに通うと選択肢がひろがる仕事もあります

上記で紹介した「介護・福祉」「Web・IT」に関しては働きながらでも資格を取得することで仕事内容や給与がおおきくかわってきます

介護・福祉」であれば介護福祉士【国家資格】という資格を取得することで実現がかのうです

Web・IT」ではおすすめはやはり「プログラミング」ができるようになるとおおきくかわります

プログラミングの資格は多数あり扱う言語も目的別によってかわってきます

スクールに通えば最短10週間、働きながらでも最長半年でエンジニアになることができます

性格的にあうようなら50代からでもチャレンジしている方は多くいるのでチャレンジしてみましょう

その他にも未経験で資格を取ることでできる仕事もまだまだあるとおもいますので前をむいていきましょう 

まとめ

正社員にとらわれなければ仕事はたくさんありますがやり方次第によっては非正規から正規になれるチャンスもたくさんあります

またお金(年収)だけを考えるなら非正規でいいばあいもあるとおもいます

一度自分の優先順位をみなおして最適なしごとができるように祈っています

もし優先順位などがきまらないばあいは一度転職のプロに相談してみることをおすすめします

第三者のプロの視点でみてもらうと意外な自分の強みがわかります

ありがとうございました

ポチっとしてくれると嬉しいです!