スポンサーリンク

ウェブデザイン技能検定3級の資格をとるとどうなる!?難易度や合格率を解説!

ウェブデザイン技能検定3級の資格をとるとどうなる!?難易度や合格率を解説! レビュー
記事内に広告が含まれています。

こんにちは まさ@50です(@fausta_life50)

最近注目されている「Webの国家資格」といわれているウェブデザイン技能検定3級という資格をご存じでしょうか。

ブログやSNSアフィリエイトなどしている方は特に興味があるのではないでしょうか。

実際に資格を取得すると仕事にどう影響するのかやどんなことができるのか?

また副業などにもいかせるのかなど気になっている人もおおいのではないでしょうか。

今回はこの、今大変注目されているウェブデザイン技能検定3級の資格について

ウェブデザイン技能検定3級
  • ウェブデザイン技能検定3級の資格とは
  • ウェブデザイン技能検定3級の難易度
  • ウェブデザイン技能検定3級の合格率
  • ウェブデザイン技能検定3級の取得費用
  • ウェブデザイン技能検定3級の勉強時間
  • ウェブデザイン技能検定3級の資格をとるとどうなる

以上について解説していきます。

スポンサーリンク

ウェブデザイン技能検定3級の資格とは

ウェブデザイン技能検定3級は、Webサイトのデザインに関する基礎的な知識と技能を有していることを認定する資格です。

主に、Webサイト制作の入門者や初学者を対象としており、業界での基本的な職務を遂行できるレベルを証明します。

試験の概要

項目内容
試験形式筆記試験と実技試験
出題範囲HTML、CSS基礎、Webデザインの基本理論
試験時間約120分(筆記60分、実技60分)
合格基準各科目ごとに60%以上の得点

3級が占める位置づけ

ウェブデザイン技能検定試験には複数の級が設けられており、それぞれが異なるレベルの技術や知識を要求します。3級はその中でも基礎的なレベルに位置づけられており、ウェブデザインの入門者や初学者に適した資格とされています。

ウェブデザイン技能検定3級の位置づけ

ウェブデザイン技能検定の中で、3級は最も基本的なレベルです。この級は、Webサイト制作に関わる基礎的な知識や技術を習得していることを認定するためのもので、主に以下のような内容が含まれます。

  • HTMLとCSSの基礎: ウェブページを構築するための基本的なマークアップ言語とスタイリングに関する知識。
  • ウェブデザインの基本理論: 色彩学、レイアウト、フォントの使用方法など、見た目の美しさだけでなく、使いやすさを考慮したデザインの基本。

この資格を取得することで、受験者はWebサイト制作の初歩的なスキルを持っていると認められ、Webデザインの分野でのキャリアをスタートさせるための土台となります。また、実際の職場での基本的な業務を遂行できる能力があると評価されるため、就職や転職においても有利に働くことが期待されます。

さらに、ウェブデザイン技能検定3級を取得した後は、より高度な技術や知識を身につけるために2級や1級への挑戦が推奨されます。これにより、専門的な知識や高度な技術を持つウェブデザイナーやウェブデベロッパーへとスキルアップすることができます。

ウェブデザイン技能検定3級は、ウェブデザインのキャリアを目指す方々にとって、最初の一歩として非常に重要な資格です。基礎からしっかりと学び、将来的にはより多くの可能性に挑戦するためのステップストーンとなるでしょう。

スポンサーリンク

ウェブデザイン技能検定3級の難易度

ウェブデザイン技能検定3級の難易度は、入門者や初学者が対象であるため、比較的取得しやすいレベルに設定されています。

しかし、試験にはWebデザインの基本的な理解と実践能力が求められるため、事前の準備が不可欠です。以下に、他の技能検定や資格と比較して、ウェブデザイン技能検定3級の難易度を解説します。

比較事例1: ITパスポート試験

ITパスポート試験と比較すると、ウェブデザイン技能検定3級はより専門的な知識が求められる点で異なります。ITパスポート試験はIT全般の基礎知識を問う試験であり、特定の技術やスキルよりも、IT業界の基本的な用語や概念の理解が中心です。一方で、ウェブデザイン技能検定3級は実際のコーディングスキルとデザイン理論の適用能力を測ります。

比較事例2: Adobe認定試験

Adobe認定試験との比較では、ウェブデザイン技能検定3級はより広範なウェブデザインの基礎に焦点を当てています。Adobe認定試験は、特定のAdobeソフトウェアの操作能力を深く問う試験で、ソフトウェアの詳細な機能や応用技術をマスターする必要があります。それに対し、ウェブデザイン技能検定3級では、ソフトウェアを超えた基本的なウェブデザインの原則とHTML/CSSの基礎が中心です。

ウェブデザイン技能検定3級の難易度は、基礎レベルの技術と知識に焦点を当てているため、ウェブデザインに興味を持ち始めたばかりの方々に適しています。

しかし、試験の合格には適切な準備と実践を通じて知識を確実に身につけることが求められるため、しっかりとした学習と練習が必要です。

他の入門レベルのIT資格と比較しても、具体的なスキルの習得が求められる点がこの資格の特徴であり、ウェブデザインの基礎を固めるための良いスタートポイントと言えるでしょう。

ウェブデザイン技能検定3級の合格率

ウェブデザイン技能検定3級の合格率と他の関連資格の合格率を比較することで、その難易度と受験者の傾向を理解するのに役立ちます。

以下に、ウェブデザイン技能検定3級と他の一般的なIT関連資格の合格率を表形式で示します。

資格名合格率試験の特徴
ウェブデザイン技能検定3級約60%HTML、CSSの基礎、ウェブデザインの基本理論に関する試験
ITパスポート試験約80%IT全般の基礎知識を問う試験
基本情報技術者試験約30%より広範なIT技術知識とプログラミングスキルが求められる試験
Adobe認定アソシエイト (Photoshop)約70%特定のAdobeソフトウェアの操作技術を問う試験
ネットワークスペシャリスト試験約25%ネットワーク設計・構築に関する高度な技術を問う試験
情報セキュリティマネジメント試験約50%情報セキュリティに関する管理技術と知識を問う試験
データベーススペシャリスト試験約20%データベースの設計、運用、保守に関する専門技術を問う試験
ウェブアナリティクスコンサルタント試験約40%ウェブサイトのデータ分析能力を認定する試験
マルチメディア検定(エキスパートレベル)約35%複合メディア技術に関する専門的な知識と技術を問う試験

ウェブデザイン技能検定3級の合格率は約60%とされています。

この資格は、基本的なウェブデザインのスキルとHTML、CSSのコーディング技術に重点を置いており、入門レベルの試験としては適度な難易度を持っています。

比較的に高い合格率を持つITパスポート試験と比べると、ウェブデザイン技能検定3級はより専門的なスキルが求められるため、合格率が低く設定されています。

一方で、基本情報技術者試験と比較すると、その合格率は高めであり、基礎的な内容に特化していることが伺えます。

Adobe認定アソシエイトの合格率と比較しても、ウェブデザイン技能検定3級はより実践的なスキルを要求される面があり、Adobe試験がソフトウェアの操作に特化しているのに対し、ウェブデザイン技能検定ではウェブ全般にわたる知識が求められます。

結論

ウェブデザイン技能検定3級の合格率は、他の資格試験と比較してもバランスが取れており、初学者が基礎から学びながら実践的なスキルを身につけるのに適した難易度であると言えるでしょう。

各資格試験の目的や試験内容を考慮することが、資格取得を目指す方々にとって有益な情報となります。

ウェブデザイン技能検定3級の取得にかかる費用と、他の一般的なIT関連資格の費用を比較してみます。これにより、ウェブデザイン技能検定3級のコストパフォーマンスを評価することができます。

ウェブデザイン技能検定3級の取得費用

各資格の取得費用比較表

資格名取得費用(円)試験内容
ウェブデザイン技能検定3級約12,000HTML、CSSの基礎、ウェブデザインの基本理論に関する試験
ITパスポート試験約5,700IT全般の基礎知識を問う試験
基本情報技術者試験約5,700より広範なIT技術知識とプログラミングスキルが求められる試験
Adobe認定アソシエイト (Photoshop)約19,000特定のAdobeソフトウェアの操作技術を問う試験
ネットワークスペシャリスト試験約6,200ネットワーク設計・構築に関する高度な技術を問う試験
情報セキュリティマネジメント試験約6,200情報セキュリティに関する管理技術と知識を問う試験

分析

この表から見ると、ウェブデザイン技能検定3級の取得費用は比較的高めであることがわかります。しかし、この費用には筆記試験と実技試験の両方が含まれており、ウェブデザインの実践的なスキルと理論の両方をカバーしているため、その費用は妥当と考えられます。

Adobe認定アソシエイト(Photoshop)はさらに高価ですが、これは特定のソフトウェアの詳細な技術と高度な操作をマスターするためのコストです。

一方で、ITパスポート試験や基本情報技術者試験の費用は比較的低く設定されていますが、これらの試験はウェブデザインに特化していないため、コンテンツの範囲が異なります。

ウェブデザイン技能検定3級は、初学者がウェブデザインの基礎を学ぶ上で必要な投資として、特定の技能と知識の習得を目指している人にとっては適切な選択肢であると言えます。

そのため、資格の取得を考えている方は、自分のキャリア目標や学習目的に合わせて費用対効果を考慮することが重要です。

ウェブデザイン技能検定 3級 テキストランキング

ウェブデザイン技能検定3級の勉強時間

ウェブデザイン技能検定3級の勉強に必要な時間と、他の一般的なIT関連資格の勉強時間を比較してみます。これにより、資格取得のための準備期間を予測しやすくなります。

各資格の推奨勉強時間比較表

資格名推奨勉強時間(時間)試験内容
ウェブデザイン技能検定3級100〜150HTML、CSSの基礎、ウェブデザインの基本理論に関する試験
ITパスポート試験60〜100IT全般の基礎知識を問う試験
基本情報技術者試験200〜300より広範なIT技術知識とプログラミングスキルが求められる試験
Adobe認定アソシエイト (Photoshop)80〜120特定のAdobeソフトウェアの操作技術を問う試験
ネットワークスペシャリスト試験150〜200ネットワーク設計・構築に関する高度な技術を問う試験
情報セキュリティマネジメント試験100〜150情報セキュリティに関する管理技術と知識を問う試験

分析

ウェブデザイン技能検定3級は、HTMLとCSSの基本からウェブデザインの理論までを網羅するため、推奨される勉強時間は100〜150時間とされています。これは入門レベルの資格でありながら、実践的なスキルを身につけるために必要な十分な時間を要することを示しています。

ITパスポート試験は比較的短い時間で準備可能で、基礎知識の習得に重点を置いています。基本情報技術者試験はより広範な知識をカバーするため、勉強時間も200〜300時間と最も長くなっています。

Adobe認定アソシエイト(Photoshop)の場合は、特定のソフトウェアの深い理解と技術的な操作が求められるため、80〜120時間の勉強が推奨されています。これは、特定のツールに特化した技術を習得するための時間です。

ネットワークスペシャリスト試験や情報セキュリティマネジメント試験のような専門的な資格は、150〜200時間程度の勉強時間が必要であり、専門性の高さが時間に反映されています。

結論

各資格試験において推奨される勉強時間は、試験の内容と求められるスキルの深さによって大きく異なります。ウェブデザイン技能検定3級は、ウェブデザインの基礎をしっかりと学ぶために、充分な時間を確保することが推奨されています

ウェブデザイン技能検定3級の資格をとるとどうなる

ウェブデザイン技能検定3級の資格を取得することで、ウェブデザインの基礎がしっかりと身につき、Web業界でのキャリア構築において初歩的ながらも重要な一歩を踏み出すことができます。

以下に、資格取得後の段階的なキャリアパスを具体的な仕事の例と共に説明します。

ウェブデザイン技能検定3級取得後のキャリアパス

  1. 入門レベルのウェブデザイン業務
    • 職種例: ジュニアウェブデザイナー、ウェブデザインアシスタント
    • 仕事内容: ウェブデザインの基本的な業務を担当し、シニアデザイナーの指示のもとで、Webページのレイアウト作成、簡単なグラフィックの編集、CSSを使用したスタイリングなどを行います。
  2. スキルアップと経験の積み重ね
    • 職種例: ウェブデザイナー、フロントエンドデベロッパー
    • 仕事内容: 独立してプロジェクトを担当するようになり、クライアントの要望に応じたデザインの提案や、レスポンシブデザインの実装など、より高度なデザイン業務を行います。この段階でJavaScriptやフレームワークの学習も進めると良いでしょう。
  3. 専門性の追求と資格のさらなる取得
    • 職種例: シニアウェブデザイナー、UI/UXデザイナー
    • 仕事内容: ユーザーインターフェース(UI)やユーザーエクスペリエンス(UX)の設計に関わり、ウェブサイトやアプリケーションの使いやすさを向上させるための設計を行います。また、ウェブデザイン技能検定2級など、さらに高度な資格を取得して専門性を深めることが望ましいです。
  4. リーダーシップの発揮とチームマネジメント
    • 職種例: プロジェクトリーダー、クリエイティブディレクター
    • 仕事内容: デザインチームのリーダーとしてプロジェクト全体を管理し、クリエイティブな方向性を決定します。チームメンバーのスキルアップ支援も行いながら、大規模なウェブサイト開発プロジェクトを成功に導きます。

まとめ

ウェブデザイン技能検定3級の資格取得は、Webデザインの基礎知識とスキルを公式に証明するものであり、これを足がかりにしてさまざまな業務に携わりながら経験を積み、専門性を高めていくことができます。

初心者からプロフェッショナルへと成長していく過程で、資格はあなたのスキルと知識の向上を支援し、より良いキャリア機会を提供する手段となるでしょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。