PayPayのボーナス運用は儲かる!?基本の使い方と実践解説!

レビュー

50歳になってから投資をはじめた まさ@50です(@fausta_life50)

投資を考えている人でこれからPayPayのボーナスの運用を考えているけど実際どうなのというかたの役にたちます

結論からお伝えすると本格的に何十万、何百万とふやそうと考えている方には向きません

しかしながら知らない間に何年かたって数万円になっていたらうれしいよねという方にむいています

この記事ではPayPayのボーナス運用方法や実際の投資実績がわかる参考記事になっています

スポンサーリンク

PayPayのボーナス運用とは

PayPayのボーナス運用とはPayPayが提供をしている投資の疑似体験を提供するサービスとして2020年の4月からスタートしたサービスです

登録はPayPayのトップ画面にあるボーナス運用をタップして順番にすすめていけば1分でできるのでとっても簡単です

PayPayには4つの種類の残高があります

  • PayPayマネー
  • PayPayマネーライト
  • PayPayボーナス
  • PayPayボーナスライト

4つの違いを簡単に説明すると

PayPayマネー

PayPayマネーは銀行やカードからチャージした実際の買い物時に使える残高で本人確認ずみのもので出金なども可能です

その他に譲渡、送金することも可能です

PayPayマネーライト

PayPayマネーライト はこちらも 銀行やカードからチャージした実際の買い物時に使える残高で すが出金などをすることができません

その他に譲渡、送金することも可能です

PayPayボーナス

PayPayボーナスは特典やキャンペーンなどの適用でPayPay残高に付与される残高になります

具体的には実際にPayPay残高で買い物をしたときにキャンペーンや特典に合わせて買い物額の何%とという形で後日自動でPayPay残高に上乗せされるようになります

付与のタイミングはそれぞれですがPayPayのアプリから付与日を確認することができます

PayPayボーナスライト

PayPayボーナスライト もPayPayボーナスとほぼかわりありませんが本人確認をしていないばあい有効期限などが設定されるようです

今回PayPayのボーナス運用の話は上記4つのなかのPayPayボーナスのみが対象となります

スポンサーリンク

PayPayのボーナス運用 のメリット

おわかりいただけましたか

したがってPayPayボーナスの運用ではいくらお金があっても買い物などをして付与された金額でしか運用ができないのです

しかし投資初心者におすすめのメリットもあります

4つのメリット
  • 1円から運用が可能
  • 口座開設不要
  • 投資先選びが簡単
  • いつでも引き出し可能

1円から運用が可能

PayPayボーナスの運用は1円から始めることができます

ポイントを運用にまわせるサービスはほかにもありますが1円から投資ができるサービスは2021年12月現在PayPayボーナスの運用だけとなります

口座開設不要

PayPayボーナスの運用を始めるにあたり通常の投資のばあいは証券会社に口座の開設をしたり書類の提出などが必要になります

しかしPayPayボーナスの運用はPayPayのアカウントがあればだれでもすぐに投資をはじめることができます

投資先選びが簡単

やはり投資ですから投資先を決めるひつようがあります

こちらもタイプによって下記の2種類から選ぶだけなのでほんとうに初心者でもおまかせあんしんです

リスクの度合いや運用目的に応じて投資先のコースを選ぶだけで良いので好みに合わせて気軽に運用を始められます

項目投資対象特徴
スタンダードコースSPYSPDR S&P500 ETF米国を代表する企業500社に分散投資するETF(上場投資信託)で長期投資に向いています
チャレンジコースSPXLDIREXION S&P 500 3XS&P500の3倍の投資成果を目指すETFでリターン・リスクは高めです

いつでも引き出し可能

PayPayボーナス運用の引出可能な時間帯は24時間365日です

運用途中でもいつでもPayPay残高に引き出して利用することができます

従来の証券会社のような時間制限が無いので運用で増やしたPayPayボーナスを買い物の支払いに使いたい時などにはその場ですぐに利用することもできます

PayPayのボーナス運用 のデメリット

それでは PayPayのボーナス運用 のデメリット についてもみていきましょう

デメリットは大きく3つあります

  • PayPayボーナスしか運用にまわせない
  • 現金化できない
  • PayPayボーナスが減る可能性がある

PayPayボーナスしか運用にまわせない

上記でも説明したように基本的に買い物時に付与されたボーナスでしか運用できないためにそもそもの金額が低くなります

もちろん毎月何百万とPayPayで買い物をしていれば別だとおもいますが普通の方であれば毎月数百円から数千円がいいところでしょう

また常になにかしらのキャンペーンを行っているので賢く使えば毎月数千円の投資資金を稼ぐことは可能だとおもいます

現金化できない

PayPayボーナスは銀行口座への出金がサポートされていません

そのためにPayPayボーナス運用で利益が出たとしても増えたPayPayボーナスを現金化できない仕組みになっているので注意がひつようです

増えたPayPayボーナスはPayPay残高として商品を購入する時にのみに活用することができます

PayPayボーナスが減る可能性がある

PayPayボーナス運用は、PayPayボーナスを利用した投資体験サービスですが運用金額の元本保証がありません

そのために投資先である米国株の市況次第では元本を割り込む可能性があります

PayPayボーナス運用をすることで運用中にPayPayボーナスが減ることもあるので注意しておきましょう。

PayPay証券

PayPayのボーナス運用 の実績

私が選んだのはチャレンジコース

ハイリスクハイリターンと言われますがそもそも少額なので選んでみました

12月1日に登録をして2日の日にボーナスが付与されました

2021.12.02

朝に117円から始まり夕方にすでに3円下落

2021.12.03

翌日ボーナスが3円追加され少し回復傾向か

しかしまだマイナス1円

順調にPayPayボーナスが増えています!

1週間で400円くらいだと年間で結構期待できるかも!

普段の買い物をYahooショッピングに変えるだけでも結構差がでます

私もamazonからかえました

興味のある方はぜひ見直しをしてみましょう

まだまだこれから続けますので半年後、1年後に期待です

オンラインカジノASP マネークリック

開始10日経過

ソフトバンクのTポイント終了!PayPayに移行するときの注意点!

急に増えたとおもったらソフトバンクから長期継続特典の1,000円分がPayPayボーナスに加算されていました

なかなか飽きさせないですね(笑)

約一か月の成果

一か月達成

今日でちょうど1か月がたちました

少しですが投資における複利を体感しております

1か月目

+1,939円

まとめ

投資を考えている初心者の方にはまず疑似体験ができるのでたのしめるとおもいます

疑似体験といっても実際のポイント(お金)が動くのも魅力です

また現金化はできないものの普通の買い物には使えるので何万円あってもうれしいですよね

コツとしては今まで現金で払っていた分などをPayPayに切り替えたり外食なども積極的にPayPayがりようできるところを選ぶとたまりやすくなります

あまり肩肘はらず気づいたら数千円貯まっててうれしいーぐらいのスタンスがよいとおもいます

なので本格的に投資をしたい方には不向きだとおもうので証券会社での申し込みをおすすめします

私自身はこれをきっかけに本格的な投資もしていこうとおもってますので50代になってからはじめてどれくらいの成果があるかなど参考にしてもらえればとおもいます

PayPay証券

ポチっとしてくれると嬉しいです!