責任もストレスも多い50代だからこそ見直したい仕事の仕方3選!

責任もストレスも多い50代だからこそ見直したい仕事の仕方3選!コールセンター・age

15年間不動産業で働き10年間は営業部長として働いていた まさ@50です

50代にもなると
  • 会社ではある程度の役職で部下を育てなければいけない方。
  • 仕事で責任のある案件を任され結果を求められている方。

など部署を任されたり部下を育てなければいけないなどの責任や仕事で結果を出さなければいけないという責任感などからストレスなどを感じている方向けに私が実際におこなっていた仕事の仕方や考え方を変えると楽になる内容です

スポンサーリンク

責任感が強くストレスがたまりやすい人はどんな人?

ストレス

そもそも同じ仕事をしていてもストレスやあまり責任感を感じず(適当という意味ではありません
仕事をしている方もたくさんいます。一体何がちがうのでしょうか?

おおむね

一生懸命でまじめすぎる人

仕事を責任感をもち、まじめに仕事することは大切なことだと思います

しかし過度に一生懸命働き、責任感が強すぎるストレスは溜まりやすくなります

適度なストレスは緊張感を保つために有効だと思いますがやはり過度なストレスは身体不調の原因になるので自覚のある方は早めの対応をした方がよいでしょう

仕事のために頑張って体調をくずし仕事ができなくなるとなれば本末転倒でしょう

他人からの評価を気にしすぎる人

まず

責任感とは
自分の仕事や行為について責任を果たそうとする気持ち

出典:デジタル大辞泉

仕事をするうえで一定の責任感は必要でさらに他に求められる仕事などを的確にこなしていくことで成長やスキルアップが見込めます

しかし責任感が強すぎると常に他人からの評価を気にしすぎるために失敗してしまったり期待に応えられなかったときに必要以上に強く自分を責めてしまう傾向にあります

他人からの評価は悪くなっていないのに必要以上に悪く思われていると思い込むことでストレスが溜まっていきます

時間や約束を必ず守る人は自分の仕事にも厳しい

責任感が強い人は他人に迷惑をかける自分を許せないので、約束や時間を必ず守ろうとします

仕事も同様に部下の仕事なども細かく管理し自分の責任においてという考えなので厳しくなりやすい一方で自分の身体や体調管理などを犠牲にしているせいで知らず知らずのうちにストレスがたまり体調不良などの原因になることもあります

スポンサーリンク

見直したい4つの解決策

1.サポートを頼む

責任感の強い人は「この仕事は自分にしかできないから」と思っていますがほとんどの場合、そんな事ありません

明らかに自分のキャパシティを超えている仕事量の場合は遠慮なくサポートを頼みましょう

もし本当に自分でしかできない仕事の場合は抱えている案件を見直して割り振りしましょう

自分で抱えた仕事でサポートを求めることにためらいがあると思います

しかしその責任感でもしあなた自身が病気やケガなどで仕事を離脱することになってしまったら会社にもおおきな迷惑や損害がかかるかもしれません

それでは本当に責任をを持っていることにはならないのではないでしょうか

サポートを頼むことは押し付けではなく支えることです

ぜひ無理のない仕事量でストレスを溜めないようにしましょう

2.マイペースで仕事をする

責任感の強い人は他人からの評価が常に気になるので必要以上に仕事をする傾向があります

その評価のほとんど意味のないものと気づきましょう

大切なのは自分の思い込みの評価ではなく現実の評価に目を向けることです

まずは家族や友人、仲の良い仲間などに自分の長所や短所など聞いてみてください

きっと一つや二つ自分の思いと違う答えが返ってくるかもしれませんよ

私自身は他人の評価は全く気にしていませんが自分の評価に気づくことによって自分らしさや自分のペースを見直して仕事をすることでストレスなどを溜めにくくなると思います

3.チームで仕事をする

責任感の強い人は仕事を全部ひとりでしようとします

仕事には得て、不得手があります

誰しも業務のなかで得意なことと苦手なことがあるはずです

書類作成は得意だけどメールやPC操作が苦手、また電話対応などが苦手などもあると思います

苦手なことを頑張ることでストレスがたまり得意な仕事のパフォーマンスや効率が下がってしまうかもしれません

チームで仕事をしている場合必ず皆が得意、不得意があるはずなのでそれらを上司やチームリーダーのあなたが把握して任せることでそれぞれの社員のストレス軽減、生産性の向上さらにはあなたへの信頼や評価があがるでしょう

まとめ

決して自分で抱え込まずまかせることで自分自身もいい意味で楽になりストレスが軽減されますよ

ぜひ仕事に責任を持っているからこそチームで仕事をすることを考えて仕事の生産性をあげましょう

ポチっとしてくれると嬉しいです!